北海道物産展では「いかめしコロッケ」が大人気!?

Pocket

みなさんは「いかめしコロッケ」って、聞いたことあります?私は秋に上京した時に、テレビのワイドショーで知ったんですが、どうやら北海道物産展で大人気らしいんですよね。「いかめし」といえば、あの「いかめし」で、函館から車で1時間程度の場所にある森町駅前の阿部商店さんのあの「いかめし」。赤いパッケージの中のコロッと丸い甘じょっぱい「いかめし」。

20121224.jpg

そんな「いかめし」、コロッケにしたらどんな味なのでしょう。気になって仕方がなかったので、早速阿部商店さんに電話をすると、なんと「物産展用の商品で、道内での販売予定はない」のだそう。しかし、

諦めきれずに調べていくと、10月に放映された「どさんこワイド」にて「いかめしコロッケ」の特集が放映されていたことが発覚。その番組によると札幌のとある居酒屋で食べられるのだとか。なんでも、その居酒屋さんが開発に協力したそうで、道内では唯一「いかめしコロッケ」が食べられる場所なんですって!

 
…というわけで、ちょうどその時札幌にいた友人に味わって来てもらいました。ホントは自分で食べに行きたかったのですが!
 
D一家による「いかめしコロッケ」レポート
20121224b.jpg
さっそく食べてきました「いかめしコロッケ」!
札幌市豊平区にある「居酒屋ラック」でしか食べれないとのことで、家族と一緒に食べに行ってきました。
 
大きいコロッケです…1個300円というお値段も手頃。
さっくりとした衣、今、まさに揚げたてという感じがとても伝わってきます。
すごくさくさくしているので、箸で簡単に割れました。
中身は…
お肉の代わりにイカが小さく刻まれて入っているようです。
 
ぱくっ
 
さくっ
 
おぉ、もち米が入ってました。
いかめしにも使われているもち米、これが具に入っているせいか、いつものコロッケより噛みごたえがあります。もしコロッケのつなぎがじゃがいもだけだったら、イカだけが妙に固く感じてしまいそうですが、さすがこのコロッケは、イカもうまい味もうまい、そしてソースをかけなくても美味しく食べれます。
 
本来のいかめしは保存食特有の濃い味付けで、コロッケにするとどんな感じなのだろう?と興味津々でしたが、食べてみると意外とあっさり。
 
両親(60代)も普段は揚げ物を口にしませんが、パクパク食べました。
 
いかめしコロッケのすごいところは、和食に特に日本酒にとても合うということです。
 
「居酒屋ラック」では、地元の海鮮物をふんだんに使ったメニューや日本酒も多数用意していましたので、辛口の日本酒と一緒にパクリ。この、いかめしの醤油味がおつまみにもなり、他の食事ともとても良く合いました。

コロッケなのに日本酒に合うとは…!さすが、いかめし!!「いかめしコロッケ丼」にしても美味しそうですね。「いかめしコロッケ」なだけに、いかめしをゴロっとコロッケ様に揚げてあるのかな?と思っていたら、違うようで…その部分が工夫というか、なんというか、美味しそう(結局それかい!)。Dさん、どうもありがとうございました。

ちなみに、世間には色々なことを考える人がいらっしゃるようで、「いかめしをそのままコロッケにしたぜ!」という商品もすでに2000年頃から三重県北牟婁郡紀伊長島町の道の駅にて販売されているようです。その名も、同じく「いか飯コロッケ」。阿部商店監修の「いかめしコロッケ」は2012年の初春あたりからの販売のようなので、コロッケとしての歴史は紀伊長島町の「いか飯コロッケ」の方が長いみたい。(参考サイト:食べログ「道の駅紀伊長島マンボウ」

せっかくなのでぜひ、両方共並べて食べてみたいところですねー!阿部商店監修「いかめしコロッケ」、いつか普通に買える日がくればいいなあ。

■関連サイト
阿部商店
どさんこワイド179特集10/16「全国の物産展で人気 北海道グルメ」