JR函館駅前・大門エリア編■函館エリアの再開発・建設計画情報まとめ2017年冬

Pocket

2017年冬現在、函館駅前・大門エリアで進行中の再開発・建設計画の中心はホテル新築ラッシュです。その他では、今年秋から本格化した若松埠頭の大型クルーズ船向け埠頭整備、引き続き工事中の電線地中化と駅前通りのリニューアル、はこだてグリーンプラザの刷新計画などなど。

ホテル建設・開業ラッシュがはじまる函館駅前・大門・大手町


写真左:2017/8/21撮影/写真右:2017/6/27撮影

2016年3月の北海道新幹線開業以来ひと回り客数が増えたかに見える函館の観光。大きな伸びを見せている旅行者数を狙って、函館駅前・大門とその周辺では比較的大きなホテルの建設ラッシュがはじまります。旅行者が今後もずっと増え続けるわけはないので、新ホテル開業と同時にホテル間の生き残り競争はますます厳しくなるでしょう。
よい面としては、旅行者にとっては宿泊体験の満足度向上、地元としては雇用増や地元業者との取引増加が望めること。

函館駅前・大門と周辺エリアのホテル開業計画/2018年1月現在

JR北海道による函館駅隣接ホテル建設計画

JR函館駅隣接地に200室規模(当初予定)のビジネスホテル建設、開業は2019年秋目標。駅とパーク&トレイン駐車場の間の土地でしょうか。
2018/1/18のNHK北海道による報道で明らかに。元々は北海道新幹線開業に合わせた建設計画だったが脱線事故等で安全対策優先するため凍結、本業以外の事業強化のための計画再開のようです。函館市内の観光関連団体などには計画再開を説明済みとのこと。

ユニゾインエクスプレス函館(仮称)



ビジネスホテル約280室、19年夏、運営:ユニゾホールディングス。函館市若松町18の高砂通り沿い、大門横丁向かいの並び

高砂通り奥 函館駅前WBF HOTEL(仮称)


温泉付きの宿泊施設で、客室は約300室、運営:WBFリゾート(札幌)ホテルWBFグランデ系列。2018年にも着工し、19年後半の開業を目指す

函館駅前市有地等整備事業のホテル棟建設


ホテル棟は地上13階建てで300室程度、資料にはホテル&サービスアパートメントとある。
大和ハウス工業が建設、2019年6月開業を目指す(着工が2017/10から2018/4に延期になったため開業時期も見直し?)

大手町、函館センチュリーマリーナホテル(仮称)


15階建て・約290室、最上階に温泉施設。函館市大手町22。2018年秋、運営は札幌国際観光

函館国際ホテルが13階建て新館の増築工事中


函館国際ホテルが13階建て新館の増築を含む改修工事中。既存建物を解体して170室規模の新棟増築。公式サイトによると改修工事期間は2018年10月まで

函館駅周辺ホテル建設計画マップ 2018年1月現在

函館駅周辺のホテル建設計画を地図にまとめました。場所とホテル名称がちょっと大雑把です。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

その他の函館駅前・大門地区の再開発・整備事業

若松地区・クルーズ船専用埠頭整備


毎年多くが寄港する大型クルーズ客船に対応する専用埠頭の整備事業。2017年11月に着工済みで、一部を2018年度中に供用開始予定とのこと。全体の完成は約5年後

函館駅前通りリニューアル


函館駅から大門地区を貫くメインの通りで電線地中化工事や歩道・街路樹などのデザインリニューアル工事中。2018年度完了予定

はこだてグリーンプラザ整備


はこだてグリーンプラザを大幅リニューアルする計画。基本計画の資料によると2021年度で整備完了予定

その他函館駅前・大門地区の変化と話題

棒二森屋閉店検討の報道 → 建替えや大型改修計画を検討へ


売上不振と建物老朽化が主な要因と思われる棒二森屋の閉店検討。運営する中合ではなく、当初から親会社であるダイエーイオングループからのコメントが出ている時点でかなり深刻ではないかと受け取っていましたが、自治体や地元の声、署名活動もあってか、12/8のイオン社長への取材という形の報道で、イオンによる「店舗の造り直しをする」(イオン岡田元也社長)計画が進められるようです。なお、百貨店としての存続はなく、ホテルなどを含む複合施設を検討するようです。

全面開業が遅れているキラリス函館


2017年10月に新たに地下1階に回転寿司「根室花まる」が開店。そのほかの地下1階のその他のテナントや2階の今後についての発表は今のところなし。シエスタと対比しながら集客面で苦戦が報道されましたが、魅力的なテナント獲得と企画展開で集客アップを期待したいです。

その他