2018夏の函館の街を彩るGLAYビジュアルとGLAYアイテム

Pocket

8月25日・26日のGLAY緑の島ライブに向けて盛り上がる函館市内。8月に入りアチコチでGLAYのビジュアルやGLAYアイテムが登場しているのでまとめてみます。

出会いは運次第?函館市内を駆けるGLAYラッピング市電車両

函館市電の特別その1、超低床の連結車両「らっくる号」1両が全身にGLAYラッピングを纏い函館市内を1日5~6往復運行中で8/31まで。運行時刻表が明らかになっていないので出会えるかどうかは運次第?(らっくる号全ての時刻表は公式にあり

続いて函館市電の特別その2、GLAY 緑の島野外ライブ オリジナルデザイン一日乗車券。こちらも販売は8/31まで。通信販売はないとのことなので函館市内の一日乗車券取扱販売所でゲットを。函館市内の多数のホテルなどでも取扱いがあるので来函宿泊時に要チェック。

ライブ会場の緑の島から海を挟んでベイエリアのBAYはこだての壁に巨大なGLAYが描かれた看板が8/17から登場。場所はこのあたり(Googleマップ)
「まだ見ぬステージへ。 with GLAY」とあって右下にRED BULLのロゴがあるのでレッドブルのタイアップ広告看板でしょうか。2枚めの写真でよくわかりますが、それにしても大きい。色は濃紺で派手さがないですがこの大きさなのでインパクト抜群。観光客の皆さんも次々撮ってました。
金森赤レンガ倉庫の公式Twitterによると9/3まで設置予定とのことです。

前回のライブに引き続き登場している、JR函館駅正面左のGLAYビジュアル。函館市電車両同様のシックなカラーリング・デザインでまとまっていてカッコイイ。函館に来たらこの前でとりあえず記念写真を1カットどうぞ。

JR函館駅内の改札には「また、函館でお会いしましょう」のメッセージも。ホーム側から来ると函館へようこそ、かな?これらはJR北海道函館支社による企画で、連絡通路各所の歓迎旗やはこだてライナー内のPRポスターもあるとのこと。

ベイエリアはじめ函館市内箇所の街灯などに登場しているGLAYフラッグ。それなりに高い位置にあるので写真に撮るとなかなかサマにならない、という…。

今回も発売「GLAY Walker 2018函館」

前回の緑の島ライブに続いて今回も発売された「GLAY Walker 2018函館」(Amazon)。護国神社()函館スポット函館市地域交流まちづくりセンター(まちせん公式のブログ記事)など函館ロケで撮影された多数のGLAYメンバーフォト、同じ場所と同じアングルで撮影に挑戦するのがGLAYファンの間で定番になるかも?

発売がスタートしているGLAYバージョンのアイテム

函館市内はもちろんですが北海道内限定発売のサッポロビール黒ラベル「GLAY函館・緑の島LIVE缶」。前回も発売されたGLAY函館ライブコラボ缶の2018夏バージョン。(GLAY公式
すでに函館市内スーパーなど豊富に入手できます、ライブ上がりに1本プシュッとどうぞ。

ポッカサッポロからはキレートレモンCウォーターの「GLAYラベル」が登場、発売中(GLAY公式)。(写真のものはうちの事務所近くのセブンイレブンで購入)今のところ普通に流通しているようですが数量限定なくなり次第販売終了とのこと。今のところかなり涼しい今年の函館の夏ですが、気温が高くなくても熱中症対策は必要、ライブにお出かけならこのドリンクをとりあえず1本携帯はいかが?


今はまだ静かな緑の島(8/7)。今年はぜひ、抜けるよな青空の下、海風を浴びなら素晴らしいGLAYライブな2日間になってほしいと願っていますよ~!